サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

2003年8月に投資元本250万円からスタートし、2019年に2億円を達成! 今後は、年10%の利回りで2024年に3億円、2029年に5億円が目標。セミリタイア(FIRE)も目指します!

保有株を2銘柄売却、1銘柄買い増し

本日の保有株含み損益は前日比-1,410,800円と大幅なマイナスとなりました。

ファーストロジックが+29円の614円と大幅高となりましたが、ベースフードが-12円の237円と続落し、プレミアグループが-60円の2,045円、S&Jが-25円の1,149円となるなど、保有株の大半が前日比マイナスとなっています。

なお今日は、くすりの窓口を1380円近辺で全4,000株損切りし、構造計画ホールディングスを1,500株4,000円台前半で利益確定、いっぽうでファーストロジックを596円で約2,000株買い増しし、全12,000株保有となっています。

くすりの窓口は今日はアマゾンが処方薬のネット販売の報道を受け、競争激化の懸念から売られました。

すぐにくすりの窓口の事業への影響が出るとは思いませんが、事業影響を気にしながら保有し続けるのも良くないと思い、早めにいったんは手放すことにしました。


記事へのコメントはX(Twitter)の記事更新の投稿のリプライにお寄せください。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

1,500万円の余剰資金を新NISAで運用するか特定口座を利用するか

本日はいただいたご質問に回答いたします。

<ご質問>
----
初めまして、いつも参考にさせていただいております。ありがとうございます。
この度1,500万ほど余剰資金が発生し、うち360万は来年のNISAの一括積立に使用する予定ですが、残りについて特定口座で、一括で投資信託を購入するか、毎月定額で地道に積立を行うか、迷っております。
勤務先規定により個別株投資は不可です。
また投資信託だけでなく、純金積立も興味があります。
個別株投資ができない場合、弐億貯男さんであれば、どのように使用されますか。
----

私ならどうするかということで言いますと、すべて新NISAの投資信託を利用すると思います。

投資信託で10年、20年、30年といった長期の資産形成を考えたときに、今が投資信託に一気に1,500万円を投下するべき千載一遇のタイミングなのか分からないからです。

新NISAは年間360万円の上限枠がありますので、あと4年かかってしまいますが、それくらいかけてでも投資タイミングを分散して積み立てていったほうが高値掴みのリスクは低減できますので10年、20年といった長期の資産形成においては手堅いと思います。

純金積み立て(あるいは金ETF)に関しては運用資産、あるいは資産全体の5%程度保有しておくことでハイパーインフレ対策としての保険になると思いますが、金利はつきませんのでご自身のお好みでご判断ください。


本日は以上です。

投資に関する質問は「マシュマロ(匿名の質問スペース)」で募集中です。
本日のような形で後日ブログにて回答いたします。


記事へのコメントはX(Twitter)の記事更新の投稿のリプライにお寄せください。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

保有株は主力銘柄中心に下落

本日の保有株含み損益は前日比-315,100円となりました。

ツナググループホールディングスが+26円の730円と上昇し、イオンフィナンシャルサービスが+21.5円の1,361円となりましたが、リビングプラットフォームが-35円の1,119円と下落し、S&Jが-26円の1,174円、プレミアグループが-11円の2,105円となりました。

相場が今後どちらに振れるか予想しづらいです・・・。


記事へのコメントはX(Twitter)の記事更新の投稿のリプライにお寄せください。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
記事検索
株ブログ
株式資産推移
2億円達成!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 187,954,799円
2019 224,487,100円
2020 237,813,529円
2021 254,018,724円
2022 260,299,468円
2023 276,902,670円
投資成績(詳細)
2015年以前の実績はこちら
2016年単月実績
1月-11,494円
2月-832,594円
3月+121,789円
4月+4,401円
5月+6,467,925円
6月+-0円
7月+2,378,006円
8月+4,517,426円
9月+1,305,800円
10月+-0円
11月+3,033,709円
12月+-0円
2017年単月実績
1月+8,844,528円
2月+-0円
3月+7,675,286円
4月-15,756円
5月-496,746円
6月+2,886,228円
7月+2,437,512円
8月+3,071,260円
9月+11,132,317円
10月+1,508,175円
11月+-0円
12月+517,812円
2018年単月実績
1月+4,994,254円
2月+5,304,190円
3月+4,894,312円
4月+-0円
5月-146,452円
6月+-0円
7月-549,540円
8月+2,082,060円
9月+10,972,686円
10月+3,864,116円
11月-977,540円
12月+-0円
2019年単月実績
1月+-0円
2月+-0円
3月+14,323,176円
4月+-0円
5月+178,475円
6月+25,485円
7月-33,846円
8月+22,693,180円
9月+-0円
10月+525円
11月-654,694円
12月+-0円
2020年単月実績
1月+1,584,824円
2月+1,691,824円
3月+748,173円
4月+6,325,400円
5月+577,105円
6月-129,713円
7月+-0円
8月+755,352円
9月+-0円
10月+359,977円
11月+1,075,987円
12月+337,500円
2021年単月実績
1月+-0円
2月+860,012円
3月+2,074,777円
4月+9,453,003円
5月-245,350円
6月+-0円
7月+1,815,234円
8月-638,253円
9月+-0円
10月+-0円
11月+3,266,800円
12月-381,028円
 2022年単月実績
1月+601,565円 
2月‐241,803円 
3月+-0円 
4月+71,100円 
5月+-0円 
6月-610,369円 
7月+-0円 
8月+4,536,261円 
9月+2,830,977円 
10月+-0円 
11月-2,003,760円 
12月+1,096,773円 
  2023年単月実績
 1月+-0円 
 2月+127,083円 
 3月+-0円 
 4月+5,323,961円 
 5月+-0円 
 6月+1,011,487円 
 7月+6,664,563円 
 8月+3,525,370円 
9月 +205,738円
 10月 +-0円
 11月 -210,000円
 12月-45,000円
    2024年単月実績
 1月+80,000円
 2月 +806,360円
 3月 +4,554,590円
 4月 -393,730円
 5月-1,633,350円
 6月 -3,000円
月別アーカイブ
スポンサーリンク
リンク先更新情報
読者登録
LINE読者登録QRコード
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

個人投資家向けの
書籍やグッズがいっぱい!

トレーダーズショップ
当ブログについて