2022年01月17日

調整相場で含み損が膨らんできたら保有株を売るべきか?

マザーズ指数が安値を更新し続けるなど、中小型株の多くがここのところ苦戦中です。

私も含め、個人投資家は中小型株を多く保有していると思いますので、含み損がどんどん膨らむ中で、損切りすべきか継続保有するか迷われている人も多いと思います。

中長期で投資している方であれば、私は損切り、継続保有は銘柄ごとに判断すれば良いと考えています。

保有している銘柄の業績が好調で将来の売上、利益成長イメージが出来ている銘柄であれば継続保有でよいと思いますし、その自信、そのイメージが持てない銘柄は損切りして買付余力を増やすというのも選択肢です。

いまは株式市場全体の需給要因で個々の銘柄も株価が下落しているだけですので、投資対象の企業の業績が順調であれば足元の株式市場、株価に一喜一憂することなく保有し続けていればいいと思います。


私の書籍「割安成長株で2億円 実践テクニック」好評発売中。


Twitterでもつぶやいています。
ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
kabu2oku at 06:00│Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 投資コラム 

この記事へのコメント

1. Posted by のひ   2022年01月17日 11:43
その通りですよね。もちろん需給を考慮しながらトレードされている方はきちんと判断した方がいいと思います。

しかし需給悪化は長引きそうな雰囲気ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
株ブログ
株式資産推移
2億円達成!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 187,954,799円
2019 224,487,100円
2020 237,813,529円
2021 254,018,724円
投資成績(詳細)
2015年以前の実績はこちら
2016年単月実績
1月-11,494円
2月-832,594円
3月+121,789円
4月+4,401円
5月+6,467,925円
6月+-0円
7月+2,378,006円
8月+4,517,426円
9月+1,305,800円
10月+-0円
11月+3,033,709円
12月+-0円
2017年単月実績
1月+8,844,528円
2月+-0円
3月+7,675,286円
4月-15,756円
5月-496,746円
6月+2,886,228円
7月+2,437,512円
8月+3,071,260円
9月+11,132,317円
10月+1,508,175円
11月+-0円
12月+517,812円
2018年単月実績
1月+4,994,254円
2月+5,304,190円
3月+4,894,312円
4月+-0円
5月-146,452円
6月+-0円
7月-549,540円
8月+2,082,060円
9月+10,972,686円
10月+3,864,116円
11月-977,540円
12月+-0円
2019年単月実績
1月+-0円
2月+-0円
3月+14,323,176円
4月+-0円
5月+178,475円
6月+25,485円
7月-33,846円
8月+22,693,180円
9月+-0円
10月+525円
11月-654,694円
12月+-0円
2020年単月実績
1月+1,584,824円
2月+1,691,824円
3月+748,173円
4月+6,325,400円
5月+577,105円
6月-129,713円
7月+-0円
8月+755,352円
9月+-0円
10月+359,977円
11月+1,075,987円
12月+337,500円
2021年単月実績
1月+-0円
2月+860,012円
3月+2,074,777円
4月+9,453,003円
5月-245,350円
6月+-0円
7月+1,815,234円
8月-638,253円
9月+-0円
10月+-0円
11月+3,266,800円
12月-381,028円
月別アーカイブ