2022年11月22日

インカムゲイン(配当狙い)の投資はお勧めできるか?

本日は「質問箱」にていただいたご質問に回答いたします。


<ご質問1>
‐‐‐‐
私は売買差益は得ずにインカムゲイン重視に偏った投資を行っています。よほどのマイナス要素がないと売りません。 目的は子供たちに安定した収入源を残す為です。 しかし時々不安にかられます。

現在、日本の株式と投資信託合わせて約7,000万円。
余剰資産で行っているので、これからも現金を株式につもりです。
こういう方針で投資する方は私のほかにもたくさんいらっしゃるのでしょうか?
‐‐‐‐


ご質問主様ほどの資産で運用される世帯は多くないと思いますが、同じような運用をされている方はたくさんいらっしゃると思いますし、値上がり益狙いで個別株投資中心の私の運用よりも失敗しづらい、良い運用をされていると思います。

運用資産が7,000万円に達しているということで、これまで順調に成果が残せているのだと思いますので、まわりに流されることなく、今の運用の継続が望ましいと思いました。

<ご質問2>
‐‐‐‐
有料で情報を得ているものはありますか?
‐‐‐‐


ありません。

昔は「ダイヤモンドZai」や「週刊東洋経済」を定期購読していた時もあったのですが、投資の勉強というよりは読み物として楽しんでいました。

Twitterやブログ、インターネット上のサイト等から基本的に必要情報は得られますし、投資の初心者のかたが有料情報を得ても投資成績が向上することはありません。


<ご質問3>
‐‐‐‐
弐億さんのスクリーニングの仕方を教えて貰えませんか?
東京ipoを遡ると言うのは参考にさせて頂いているのですが、なんとなく無駄なipoが多い気がして、もう少し条件で検索出来る方法を模索しているのですが。
‐‐‐‐


直近IPO銘柄から割安成長株を探すという私の投資手法は、かなり手抜きで手っ取り早い投資手法だと思っているのですが、それすらも面倒ですか。(笑)

私の場合は過去から赤字が継続している銘柄は除外して、公募価格から初値が2倍、3倍と高騰している銘柄は株価が下落するにしても時間がかかるだろうとチェックする頻度は下げています。

ただ、この段階では業種で絞り込んだりはしていません。

絞り込みをするということは、割安成長株を見逃してしまうことにもつながりますので、株価指標的に割安な水準で、売上高二桁成長の銘柄に関してはいったんはどんな企業なのかを見るようにしています。

面倒くさい場合は、気が向いたらやるという程度でいいと思います。


本日は以上です。

投資に関する質問は引き続き「質問箱」で募集中です。
本日のような形で後日ブログにて回答いたします。

<PR>
私の書籍「割安成長株で2億円 実践テクニック」は好評発売中!

Twitterで「割安成長株コミュニティー」を運営中!
質問箱」にいただいたご質問は後日ブログで回答します。

株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
kabu2oku at 06:00│Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 投資コラム | 質問に回答

この記事へのコメント

1. Posted by 弐億大ファン   2022年11月22日 15:17
5 誌面発表、でしたね。笑

弐億さんの保有銘柄は、比較的、名古屋以西が多いような気がしましたが気のせいですかね...

一つは直近やや下がり気味なので上がってほしいですし、もう一つは急上昇中なのでゆっくり上がってもいいかな、と思ったりしています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
株ブログ
株式資産推移
2億円達成!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 187,954,799円
2019 224,487,100円
2020 237,813,529円
2021 254,018,724円
2022 253,839,217円
投資成績(詳細)
2015年以前の実績はこちら
2016年単月実績
1月-11,494円
2月-832,594円
3月+121,789円
4月+4,401円
5月+6,467,925円
6月+-0円
7月+2,378,006円
8月+4,517,426円
9月+1,305,800円
10月+-0円
11月+3,033,709円
12月+-0円
2017年単月実績
1月+8,844,528円
2月+-0円
3月+7,675,286円
4月-15,756円
5月-496,746円
6月+2,886,228円
7月+2,437,512円
8月+3,071,260円
9月+11,132,317円
10月+1,508,175円
11月+-0円
12月+517,812円
2018年単月実績
1月+4,994,254円
2月+5,304,190円
3月+4,894,312円
4月+-0円
5月-146,452円
6月+-0円
7月-549,540円
8月+2,082,060円
9月+10,972,686円
10月+3,864,116円
11月-977,540円
12月+-0円
2019年単月実績
1月+-0円
2月+-0円
3月+14,323,176円
4月+-0円
5月+178,475円
6月+25,485円
7月-33,846円
8月+22,693,180円
9月+-0円
10月+525円
11月-654,694円
12月+-0円
2020年単月実績
1月+1,584,824円
2月+1,691,824円
3月+748,173円
4月+6,325,400円
5月+577,105円
6月-129,713円
7月+-0円
8月+755,352円
9月+-0円
10月+359,977円
11月+1,075,987円
12月+337,500円
2021年単月実績
1月+-0円
2月+860,012円
3月+2,074,777円
4月+9,453,003円
5月-245,350円
6月+-0円
7月+1,815,234円
8月-638,253円
9月+-0円
10月+-0円
11月+3,266,800円
12月-381,028円
 2022年単月実績
1月+601,565円 
2月‐241,803円 
3月+-0円 
4月+71,100円 
5月+-0円 
6月-610,369円 
7月+-0円 
月別アーカイブ