私は今年から株式投資を行っているSBI証券の口座を特定口座源泉徴収「なし」から源泉徴収「あり」に変更しました。

源泉徴収「なし」の時は、株式投資の利益に対しての税金は確定申告が終わってからまとめて口座振替にて引き落とされていたのですが、まとめてドカンと税金が引かれるよりは資産の変動が緩やかなほうが良いかな・・・ということで、源泉徴収「あり」に変更してみました。

源泉徴収「あり」にすると確定申告不要だということがメリットとしてよく挙げられていますが、私の場合はふるさと納税で、毎年ワンストップ制度(5自治体まで確定申告の手間が要らない)の範囲を超える自治体に寄附していますので確定申告が必要です。

また、株式投資の利益でふるさと納税の寄付金控除の上限枠を引き上げるためには、源泉徴収「あり」でも確定申告が必要になりますので、私にとっては確定申告の負荷は何も変わらなそうです。

そういうことで、私の場合は源泉徴収「なし」のままでも特に問題なかったような気がします・・・


記事へのコメントはX(Twitter)の記事更新の投稿のリプライにお寄せください。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク