本日は「質問箱」にていただいたご質問に回答いたします。

<ご質問>
‐‐‐‐
いつも参考になるお話、ありがとうございます。
ある高配当株を少数保有しているのですが 記念配当を出すとのことで現在株価は上昇しております。
おそらく来年以降は元に戻ると思いますが 売らずに持ち続けるのが得策だと思われますか?
‐‐‐‐


ご質問の内容だけですと情報が少なく、正確なアドバイスは出来ないのですが、記念配当や特別配当など一時的なものだと企業が宣言して増配した場合、来期の業績予想が増益見通しであれば、来期は普通配当として、今年度の特別配当(記念配当)込みの配当額に金額をあわせるケースもあります。

例)
2023年3月期 10円(普通配当)
2024年3月期 10円(普通配当)+2円(記念配当)
2025年3月期 12円(普通配当)


株価が上昇したのは、来期以降も増配傾向が継続することも期待されていると想定しますので、保有を継続して配当を得ながら、中長期でより大きな値上がり益を狙いに行っても良いと思います。

いっぽうで、一過性の利益計上に伴って、記念配当して配当を大幅増額するようなケースはまさに一過性の配当金です。

目先の配当利回りの高さに着目して投資資金が流入して株価が大きく上昇したものと思いますので、いったんは利益確定して値上がり益をゲットし、株価が落ち着いたら再参戦ということでも良いと思います


本日は以上です。

投資に関する質問は引き続き「質問箱」で募集中です。
本日のような形で後日ブログにて回答いたします。


記事へのコメントはX(Twitter)の記事更新の投稿のリプライにお寄せください。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク