私は勤める会社で確定拠出年金を運用しています。

入社以来2012年頃までは確定給付年金で、その後に確定拠出年金に制度移行、自己拠出分を合算すると毎月55,000円を積み立てしています。

運用成績は以下の通り

運用元本 11,928,868円
評価損益  19,386,544円
年金資産評価額   31,315,412円

配分比率

 先進国株式 59%
 先進国債券 31.5%
 定期預金 9.5%

運用開始以来の年利回りは11%、直近1年間で年26%と好成績となっていますが、外国株の上昇スピードが早すぎることもあり、先進国株式で運用分の一部を先進国債券にスイッチングすることにしました。

変更後の配分比率の想定は以下のイメージです。

 先進国株式 40%
 先進国債券 50%
 定期預金 10%

私の保有資産全体で見ると日本円、日本株ですので、確定拠出年金の運用は今後も外国債券と外国株式中心で運用していきたいと思います。


記事へのコメントはX(Twitter)の記事更新の投稿のリプライにお寄せください。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク