本日は「質問箱」にていただいたご質問に回答いたします。

<ご質問>
‐‐‐‐
投資を始めて半年が経ちました。様子見でどの銘柄も100株ずつしか買っていません。
株数を増やしたいと思っていますが、去年特定口座で買ったものは20%、30%と株価が上昇している為同じ特定口座で購入すると平均単価が上がってしまうので躊躇しています。

また今年のNISA口座で追加するといまの株高に手を出す事になってしまってまたこれも迷っています。
どう株数を増やせばいいでしょうか?

又は株数を増やさず利確してほかの銘柄を探した方がいいでしょうか?
‐‐‐‐

昨年から直近にかけての株式市場の上昇相場は、数年に1度あるかないかの大相場です。

私も高値警戒感を覚えるところではありますが、買い増し余力があるのに躊躇して様子見というのは、大きな機会損失が起きる可能性もあります。

保有株を買い増しすると平均買付価格が上昇しますが、いっぽうで最初に買った分の取得単価が安いことから、買い増し後に多少株価が下落しても含み益の状態が維持されて、精神的に安心して保有出来るメリットもあります。

もしご利用の証券会社が100株未満の株式数で買付可能であれば、50株ずつ買い増ししていくというやり方を取れば、平均買付単価もそれほどは上がりません。

例えば1,000円で100株購入した銘柄を1,200円で50株買い増しした場合、市場の株価は1,200円に対して、保有株の平均取得単価は1,067円ですので、含み損にはなかなか転落することなく、安心して長期保有できると思います。

本当は今後買い増しする分は新NISAの口座で購入したほうが良いのかもしれませんが、特定口座と新NISAの口座で別表示されてしまって嫌だなと思われる場合は、買い増し分は特定口座での買付でも良いと思います。

特定口座と新NISA間では損益通算(利益と損失を相殺して節税すること)ができませんので、特定口座での買い増しも悪い事ばかりではありません。


本日は以上です。

投資に関する質問は引き続き「質問箱」で募集中です。
本日のような形で後日ブログにて回答いたします。


記事へのコメントはX(Twitter)の記事更新の投稿のリプライにお寄せください。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク